生キャラメルの特徴とは

生キャラメルといえば、数年前にブームとなったお菓子です。
北海道に旅行に行った際にお土産として買った人や、逆にお土産として貰った人も多いのでは無いでしょうか。



一時期は入手困難になったり、購入する為に長い行列が出来たりもしましたが、今は人気は落ち着いて、定番のお菓子として国民のあいだにも定着しています。従来のキャラメルといえば、硬くて茶色い昔ながらのお菓子を思い浮かべる人も多いですが、生キャラメルはそんなイメージとは少し違います。生キャラメルが従来のキャラメルと違うポイントと言えば、柔らかさです。
口に入れると体温で滑らかに溶けてゆく感覚が特徴です。
かなり柔らかいことから、室温で放置した場合には溶けてしまう場合もあるほどです。

ですから、冷蔵庫での保存が推奨されています。
生キャラメルが何故柔らかいのかと言うと、普通のキャラメルに比べて生クリームやバターが贅沢に使われているからです。

当然、食べた時の味わいも従来のキャラメルより、コクと滑らかさや風味が増しています。

YOMIURI ONLINEが最近こちらで話題になりました。

例えれば、チョコレートに対する生チョコレートのような感覚で親しまれています。
生チョコレートも、チョコレートと比べて滑らかな舌触りが特徴です。



生キャラメルは、普通のキャラメルよりもワンランク上の高級なキャラメル、といった位置づけのお菓子となっています。
生クリームやバターがふんだんに使われているだけあって、賞味期限が短いです。

最近では作り方なども公開されているので、自分で作ってみる事も出来ます。