アルガンオイルとはどのようなものですか

アルガンオイルとは、モロッコに生育するアルガンの木の種子から採取された油のことです。

不飽和脂肪酸とビタミンEの含有量が多く、化粧品などに使われています。アルガンオイルはとても貴重なもので、30キロの実から1リットルしか採取することができません。しかも、機械での処理は熱を伴い酸化を招くため、種子を石臼を使って絞るのです。



こうして手間のかかるアルガンオイルですが、どこに人気があるのでしょうか。

アルガンオイルは化粧品としてよく使われています。

理由としては抗酸化作用のあるビタミンEがたくさん含まれていることです。


その量はオリーブオイルの2倍から3倍で、老化防止やアンチエイジングに効果があるといわれています。

1人1人に合った朝日新聞デジタルの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

また不飽和脂肪酸の一つであるオレイン酸やリノール酸は健康維持には欠かせないものです。


モロッコのベルベル族の間では食用や傷の治療としても使われるほど、有効性が認められているものなのです。
また、油の質が肌の脂質の成分とよく似ているともされ、化粧品として使った場合に肌への浸透がよく保湿にも効果があるとされ重宝されています。このように効果が期待できるアルガンオイルですが、注意したい点があります。


貴重なもののはずなのに低価格で販売されているものの中には、混ぜ物をしているオイルや酸化しているオイルがある可能性があるということです。



そうしたものはアンチエイジングどころか肌に負担をかけてしまうので購入時にはきちんと製品を確認するようにしてください。