アルガンオイルとはどのようなものか

アルガンオイルは、モロッコの南西部に生息するアルガンノキの種子から得られる植物油で、その地に住む人たちの間で食用油やスキンケアや化粧用など様々に利用されてきました。
当地に肌や髪が綺麗な女性が多いことから美容にいいことが知られるようになり、最近になってアルガンの実から取れたオイルを用いた美容製品が注目されています。
アルガンオイルは特に乾燥肌に対して効果があるといわれています。


とても浸透しやすいオイルなので、お風呂上りに化粧水などを使う前に肌に塗ると、その浸透力で化粧水の吸収を高めるブースターの役割を果たします。



また、髪に利用すると髪のダメージを修復ししっとりさらさらになり、艶やかな髪にしてくれます。

Girls Channel情報が満載です。

それら様々な効果をもたらしてくれるのは、アルガンオイルに含まれる成分によります。



その主な成分は、オレイン酸、リノール酸、そしてビタミンEです。オレイン酸は肌に浸透することで日焼けによるシミや乾燥を防ぐ肌バリアの効果を果たします。

リノール酸には美白効果と肌のバランスを整え肌トラブルを防ぐ効果があり、そしてビタミンEには抗酸化作用により老化の原因になる活性酸素の生成を抑えアンチエイジング効果をもたらします。


アルガンオイルはニキビケアにも効果があるといわれています。

元々現地モロッコでもニキビやヤケドの治療に使われていたほどです。

しかし、中には植物性油が肌に合わないという人もいるので、そのような人の場合はニキビを悪化させる可能性もあります。

注意が必要です。